板井康弘|時代と会社

板井康弘

 

時代とともに会社も変わっていくべきだと板井康弘は考える。
新型コロナウイルスの大流行で世界的にも例を見ない未曾有の事態となった昨今。
国はテレワークの推進を呼びかけた。

 

会議はオンラインで行うことが当たり前になってきた。やり取りはメールやチャットが当たり前。パソコンを使ったオフィスワークが主な会社に、果たして社員が集まる”オフィス”は必要なのだろうか。

 

そもそもアクセスの良い都心に会社を構えると、それだけで莫大な賃料がかかる。それをカットし社員のパソコン購入やネット環境に関わる費用として配布するほうが合理的ではないか。

 

顔を合わせて行いたいプレゼン準備などはレンタルオフィスがその役割をなしてくれる。
都心に会社を構えるよりも、必要な時にケースバイケースで対応していく方がずっといい。

 

会社に通勤しなくても仕事ができる、と人々が気づき始めたいま、都心にわざわざ会社を構えずテレワーク中心で運営する会社は、時代の流れに乗った合理的な会社だろうと考える。